セレクトチケットについて

☆4ヒーローセレクトチケットってなに?

「☆4ヒーローセレクトチケット」は、好きな恒常☆4ヒーローカードがどれでも1枚もらえるチケットです。
2020年8/31〜9/6の「リリース1ヶ月記念キャンペーン」の報酬の一つですが、キャンペーン終了後にゲームを開始したユーザーも全員受け取ることが可能です。


取得方法プレゼントボックス内から受け取り
(無条件で全ユーザーに配布されています)
使用期限無期限
セレチケ対象恒常☆4ヒーロー(一覧



セレチケの使い方

オーダー画面に特設のタブがあります。

EgreQW3U4AEymBI

ヒーローごとに分かれているため、欲しいヒーローの確定オーダーを選んでスカウトしましょう。




セレチケを使うタイミングは?

なるべく被りカードを避けたい人はチケットの使用タイミングに注意が必要。
セレチケに使用期限はないようなので、焦って使う必要はありません。貴重なチケットなのでじっくり考えて決めましょう。

リリース記念パックを買っている場合

IMG_0584

☆4ヒーロー確定チケット付きのリリース記念パックを買っている場合、必ず確定チケットを使ってからセレチケを使いましょう。順番を逆にしてしまうと同じヒーローカードが被ってしまう可能性があります。
  1. ☆4確定チケットを使う
  2. 確定チケの結果次第でセレチケを使うヒーローを決定する


直近に限定オーダーを回す予定がある場合

近々限定オーダーを何度も回す予定がある場合、そのオーダーを引き切ってからセレチケを使いましょう。

IMG_1607
▲多分ダイナーイベに合わせたオーダーが実装されます。

限定オーダーからは恒常☆4がすり抜けで排出される場合があるため、セレチケを先に使用してしまうと限定オーダーを回しているときに被る可能性が出てくるためです。


(※ただしバースデー記念オーダーは例外です)
(※排出される☆4ヒーローはCP対象キャラの恒常のみとなっているため)

  1. 好きなだけ限定オーダーを回す
  2. ↑の結果次第でセレチケを使うヒーローを決定する

上2つのどちらにも当てはまらない場合

好きなタイミングで使用してしまって問題ありません。




セレチケで選ぶヒーローどうする?

好きなキャラを選ぶ

最もオーソドックスなのは、好きなヒーローの中で未所持の恒常☆4カードを選ぶこと。
現状狙った恒常☆4を確実に手に入れるには、バースデー記念オーダーの開催を待ち、そこで100連する方法しかありません。
今後も形式が変わらなければバースデー記念オーダーは「各キャラの誕生日2日前からの3日間」のみの開催です。開催期間が短く、何より誕生日を待たなくてはならないため、好きなキャラの未所持☆4がある場合、確実にお迎えできるこのチャンスを利用しましょう。


手持ちのカードとの相性で選ぶ

「好きなキャラの恒常☆4はもうある」または「未所持の推しが複数いて選べない」場合、手持ちのヒーローとの相性を考えてみましょう。

①リンクスキルで選ぶ
手持ちのヒーローと上手くリンクスキルが繋がるカードは重宝します。




②○○特効の有無で選ぶ
手持ちのヒーローが異常状態特攻系のスキルやアビリティを持っている場合、同じ効果を与えるスキルやアビリティを持っているヒーローを編成入りさせると火力につながります。

EfJ9OJHUEAALV2f

例えば前回のイベント報酬の☆3ブラッド。
スキルに裂傷付与、アビリティに裂傷特攻を持っています。
同じように裂傷付与・裂傷特攻を持っている☆4グレイ、ビリーと組み合わせると最大限に効果を発揮できます。


足りない属性のヒーローを選ぶ

エリオスRのバトルでは属性が重要になっています。他よりも戦力が足りていない属性がある場合、その属性の中から選んで戦力の底上げに役立てましょう。

ちなみに9/1から開始のイベントではパッション属性が有利と告知されています。
報酬の☆3フェイスのために頑張りたい場合、イベントを有利属性で進められるようにしておくのも手です。


スキル(性能)で選ぶ

完全に性能面だけでヒーローを選ぶ選択肢もあります。
ですが「このカードがないと勝てない」といったゲームバランスにはなっていないので、手持ちのヒーローが未所持のスキルを持っているカードを選択する、くらいの感覚で良いと思います。




被りを選んで限界突破させる

あえて所持カードと同じものを選択するというのもアリ。
エリオスRの☆4は無凸だと火力が若干頼りないため、高レアも限界突破して強くするというのが基本になります。
好きなキャラは揃ってるし、属性の偏りもない、使用スキルにも困ってない。そんな人はあえて被りを選んで限界突破→育成して戦力増強という選択肢も考慮に入れてみましょう。